白髪染めのパッケージは販売者の戦略

白髪染めや、ヘアカラーのパッケージには様々な工夫がしてあるのをご存知でしょうか。

工夫といっても、別に使いやすくするための工夫と言うわけではなく、白髪染めを販売するにあたって、どのようにして人の目を引くかの工夫になります。

もちろん、使いやすさの工夫をしている会社もあることでしょう。

ですが、ほとんどの会社は、箱自体は特に普通の作りにし、箱の表面に入れるイラストやデザインに大きな重点を置いていると思います。

みなさんは、このようなことを感じたことはないでしょうか。

まず一番分かりやすいのは、イラストです。

10代や20代向けのヘアカラーのパッケージには、若者のアニメチックなイラストが描いてあったり、かわいいキャラクターの顔が描いてあることでしょう。

次に女性のための白髪染めやヘアカラーですが、これはもう女性の髪の毛の絵や写真だったりします。

他にも、女性の顔と一緒にカラーリング中というような写真が入っていることもあります。

たまに白髪染めの特徴とも言える泡の写真や絵の場合もあり、様々な特徴が詰め込まれています。

男性の場合は、すがすがしい男性の人が白髪染めをおこなっているような絵もあります。

ですが、これほどまでにイラストを変え、キャッチコピーも変えたとしても、いずれだれかに忘れ去られることでしょう。

このように、工夫があると、様々な人が控えているため、デザインも何通りもあります。

ですが、実際に白髪染めの中身はどれも同じものを使われていることがおおく、どうしようもないでしょう。