通販とインターネットではターゲットの層が違う

インターネット販売の白髪染めと通販での白髪染めの販売にはどのような違いがあるのでしょうか。

皆さんは考えたことがありますか?基本的に、パソコンで購入するかテレビを見ながら電話で購入するかだと思いますが、そのほかにも様々な違いがあるのでした。

まずはじめに、他に何かを違いが思い浮かぶかたはいらっしゃいますか?何も思い浮かばない人は、インターネットを使用する人と、通販を利用する人がどのような人か考えてみてください。

そうするとだんだん分かってくるかもしれません。

それは、ターゲット層の違いと言えるでしょう。

例えば、紫色などにしたい方や、部分染めだけ軽くされたいという主婦やご老人の方がインターネットでカタカタ検索するでしょうか。

それとも、日中の休憩時間に、お茶の間でゆっくりテレビを見て、その間にコマーシャルや番組の通販が出てきたときに欲しくなって購入してしまうのではないでしょうか。

逆に、若者や中年男性は通販のテレビなど見ていないでしょう。

その時間帯は、大抵仕事をしているかと思います。

そのため、自分の自由時間にインターネットで、もし欲しかったら自分で見つけてくるのではないでしょうか。

このように、ターゲットによって、白髪染めの宣伝の仕方が変わってくるうえ、宣伝する商品も変わってきます。

もちろん、例外はあることでしょうが、基本的にこの考えで別けてみるとうまくまとまります。

皆さんも是非、ふと気づいたら考えてみてください。