様々な白髪染めの薬品が開発されている

白髪染めという技術が開発されてから、すでに何十年も経過しています。

むかしは、白髪が生えてきたら、お金持ちの人はカツラをかぶっていました。

それは、髪の毛に色を塗るという面で言ったら、全然違うかもしれませんが、白い髪を隠すという面では、白髪染めと大差ないでしょう。

日本では、このようにむかしから白髪を隠す習慣がありました。

もちろん、これは日本だけの特徴ではなく、韓国や中国などでも行われていることでしょう。

その後、カツラの時代から、技術が開発され、髪の毛に色をつけるという考えが生まれました。

それは、カツラをかぶるより、普段の生活においてとても簡単になったのです。

その後、しばらく白髪染めで収まっていますが、エクステンションやらカラーリングなど様々な技術が開発されています。

それでも、いまだに使われているのが、髪の毛に色をつけるという技術です。

今後、どのような髪の毛の色の変化が生まれるのでしょうか。

ひとつの可能性として、新しい黒い髪の毛をはやすという考えがあります。

それは、細胞や遺伝子レベルで、しっかりと髪の毛の生え方をコントロールするという考えです。

そうすることにより、白い髪の毛はもう生えることもなく、出てくるのは黒い髪の毛のみとなります。

このように、現代の科学が進歩していけば、このような実用的な可能性が出てくることになります。

この場合、どの分野の科学かというと、クローン技術の一個と言えるでしょう。

科学の発展を期待します。